デメリットについて

リサイクルトナーのメリットといえば、価格が純正トナーと比較して安いということで、コストパフォーマンスが高いということと、地球にやさしいという点が挙げられます。ですがもちろん、デメリットもいくつかあります。

トナーまず挙げられるデメリットとしては、残量表示に対応していないカートリッジがあるという点ではないでしょうか。通常、プリンターなどを使用していると、トナーの残量表示を確認することができますので、それをみて、そろそろ買い時かななどと判断することができるのですが、その残量表示に対応していないとなると、ある日突然インクが出ないという事態を引き起こしてしまいます。

また、純正のトナーと品質が同等ともいえるほど高品質なトナーも数多く販売されているのですが、メーカーによっては、耐光性や耐水性に差があったり、色が純正トナーと異なっていたり、色が劣化しているものもあります。

また、何かトラブルが発生した際には、メーカーが保証している期間内であったとしても、純正品を使用していないという理由で無償修理を断られてしまう可能性が高いのもデメリットの1つだと言えるのではないでしょうか。また、リサイクルトナーは、互換インクと比べてみた場合だと、単価が少々割高になってしまいます。トナーを回収して、選別し、洗浄するという手間が増える分だけ、リサイクルインクを製造するのは、実は大変なのです。