Skip to content

特徴について

リサイクルインクは、互換インクと同じように、それぞれの工場などで独自研究や開発をされているものなので、リサイクルインクを製造するメーカーにもよるのですが、非常に純正品に近い品質でプリントアウトできるものも珍しくありません。

しかも、環境にやさしい再生品であり、純正インクと比較するとリーズナブルで一見、いいことずくめのように思えますが、デメリットもあるのです。
それは、ICチップやプリンターに原因があるのですが、リサイクルインクの中には、インクの残量表示ができないものがあるのです。

なぜなら、プリンターのメーカーが繰り返しインクを使用できないようにするために、一度使い切った後にインクを詰め替えたとしても、プリンター側でリサイクルインクのインク残量が0であるという風に判断してしまうICチップと呼ばれる装置を入れてしまっているからなのです。

このように、インクの残量が表示されない事態に陥った場合、ICチップリセッターなどを用いて、残量をリセットしてから使用するという方法もあるのですが、基本的な操作方法としては、残量表示機能をOFFにしてしまえば、使用する際に問題なく使うことができます。リサイクルトナーを使うと、プリンターが壊れやすくなってしまうという説がありますが、何の根拠もないので、安心して使用することができます。

デメリットについて

リサイクルトナーのメリットといえば、価格が純正トナーと比較して安いということで、コストパフォーマンスが高いということと、地球にやさしいという点が挙げられますが、もちろん、デメリットもいくつかあります。

まず挙げられるデメリットとしては、残量表示に対応していないカートリッジがあるという点ではないでしょうか。通常、プリンターなどを使用していると、トナーの残量表示を確認することができますので、それをみて、そろそろ買い時かななどと判断することができるのですが、その残量表示に対応していないとなると、ある日突然インクが出ないという事態を引き起こしてしまいます。

また、純正のトナーと品質が同等ともいえるほど高品質なトナーも数多く販売されているのですが、メーカーによっては、耐光性や耐水性に差があったり、色が純正トナーと異なっていたり、色が劣化しているものもあります。

また、何かトラブルが発生した際には、メーカーが保証している期間内であったとしても、純正品を使用していないという理由で無償修理を断られてしまう可能性が高いのもデメリットの1つだと言えるのではないでしょうか。また、リサイクルトナーは、互換インクと比べてみた場合だと、単価が少々割高になってしまいます。トナーを回収して、選別し、洗浄するという手間が増える分だけ、リサイクルインクを製造するのは、実は大変なのです。

メリットについて

リサイクルトナーを使用するメリットは、数多くありますが、まず筆頭に挙げられるのが、純正トナーと比較すると単価が安くなっており、コストパフォーマンスに優れている点でしょう。安いリサイクルトナーと聞くと、品質において心配する人も多いようですが、最近のリサイクルトナーは、印刷の品質が純正のインクと同等だとよべるほど高品質なものも多いようです。

ただし、品質に関しては、メーカーによりますので、いくつかリサイクルトナーを試してみて、高品質だと思えるものを積極的にリピートして使用するのが良いでしょう。純正のトナーと同等ともいえる品質で、しかもコストパフォーマンスに優れているとなると、消耗品でどうしても定期的になくなってしまうトナーを安くあげるために、積極的にリサイクルトナーを使用している会社も多いようです。特に、カラー印刷をする機会の多い会社では、トナーの料金が会社全体で考えると結構高額となりますので、コスト削減のために、真っ先に利用できる方法ではないでしょうか。

関連サイト[リサイクルトナー販売ショップ|トナプロ]

また、リサイクルトナーの場合、環境に優しいといったメリットもありますし、純正品よりも多めにトナーを充填しているオリジナルのリサイクルトナーカートリッジも販売されているようです。